ラベンダー

Lavender

 

アロマの代名詞。オールマイティなアロマです

【日本橋茅場町 からだの杜 】ラベンダー【アロマ骨盤矯正 マタニティアロマ】

科名:シソ科
抽出部位:葉と花

現代アロマテラピーのきっかけになったアロマオイルです。
化粧品工場の事故で腕に重度の火傷を負った科学者が、
とっさに近くにあったラベンダーオイルに腕を突っ込んで冷やしたところ、たちまち痛みが消えたことから、
アロマオイルの研究が始まりました。
このラベンダーオイルは、アロマテラピーに使うアロマのなかで最も恩恵をもたらすアロマオイルといえます。
優れた鎮静作用があり、こころとからだの両方を鎮静させてくれます。
こころの面では精神的なリラックス作用があり、眠れない夜に用いることができますし、
からだの面では皮フの炎症やかゆみなどに用いられます。こうした作用に加え、
消毒殺菌・抗ウィルス作用などもあり、美容分野(スキンケア・ヘアケア)にもよく用いられます。
また火傷の痛みをすぐ取り去り、皮フの修復を助ける働きがあります。筋肉痛・各種の感染症に有効です。
ラベンダーには不快なにおいを抑える作用などいろいろな働きが期待できます。
また自律神経のバランスをとったり、からだ全体の免疫力をあげる効果があるといわれています。
喉の痛みや咳止めにも使用されます。
 

期待される働き

  • こころに対して リラックス 不眠 
  • からだに対して 鎮静 炎症 殺菌 スキンケア 感染症 筋肉痛 消臭 免疫力UP

 

当サロンでも利用しているアロマオイルのブレンド例

  • 不眠・緊張性頭痛 ラベンダー + サンダルウッド + レモン
  • 日焼け後の手入れ ラベンダー + ペパーミント + ローマンカモミール
  • 肩こり ラベンダー + ジュニパー + マジョラム 

 

※アロマオイルの効果と効能について
 このコラムで取り上げているアロマオイルの効果・効能は、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものであり、薬事法や化粧品などの表示に定められるものではありません。
なお、効果の感じ方には個人差があります。